入学案内

Admissions

MBAイベント《東京》

MBA Event Tokyo

  1. TOP
  2. 入学案内
  3. イベント情報
  4. 東京校
  5. 《東京校にて開催》税理士養成課程むけ特別説明会(体験授業・授業見学・入試案内・修了生体験談)

《東京校にて開催》税理士養成課程むけ特別説明会(体験授業・授業見学・入試案内・修了生体験談)

受付中 #体験授業 #修了生体験談 #質疑応答 #税理士養成課程

お待たせしました!
会計ファイナンス研究科 税理士養成課程をご検討の皆様向けの特別説明会を東京校にて対面開催いたします。
税理士養成課程にて税法学コースにて修士論文指導もご担当くださっている野坂和夫准教授の体験授業を東京校にてご受講頂けます。加えて、授業見学・キャンパス施設見学・修了生体験談・入試対策講座も開催予定です。

開催日時
15:00〜17:00  受付14:45〜
会場
東京キャンパス
〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング
https://mba.nucba.ac.jp/access/tokyo.html
申し込み締切日

対象者
社会人 / 事業承継者

お待たせしました! 会計ファイナンス研究科 税理士養成課程をご検討の皆様向けの特別説明会を東京校にて対面開催いたします。 税理士養成課程にて税法学コースにて修士論文指導もご担当くださっている野坂和夫准教授の体験授業を東京校にてご受講頂けます。加えて、授業見学・キャンパス施設見学・修了生体験談・入試対策講座も開催予定です。

なお、誠に勝手ながら、コロナウィルス対策のため、10名限定の少人数クラスとさせて頂きます。お申し込みはお早めにどうぞ。

▼説明会概要

+ Weekend MBA®プログラム、 税理士養成課程、MBA単科/PreMBA(履修証明)
+ 100%ケースメソッド型プログラムの特徴とは?
+ 修士論文作成について
+税理士資格試験・お仕事・修士課程との両立はどうしたら良いか?
+ 入試選考のワンポイント・アドバイス
+ 東京校 新カリキュラムについて
※内容は予告なく変更となる可能性がありますので予めご了承ください。

▼体験授業

テーマ:『ケースで考える管理会計 〜トヨタ自動車の事例から』
講 師:野坂和夫 准教授
概 要:営利企業が利益を追求することは当然のことです。しかし一方、営利企業がCSR(Corporate Social Responsibility: 企業の社会的責任)を果たすべく、ときには多額の寄附をすることがあります。法人には様々な利害関係者(Stakeholder: ステークホルダー)が存在しその利害が複雑に絡み合うからこそ、法人の行動規範は全ての利害を妥当に調整しなければなりません。本講義では、戦略管理会計の視点から営利企業のCSRの考察を行い、経営者がCSRを経営戦略として位置付けた場合、どのようなCSRを採択して資金を投じるべきか、ケース・フィールドメソッドにより実践力を養成することを目的とします。
使用ケース:トヨタの社会貢献活動

▼授業見学

下記の授業をご見学いただけます。
・税理士養成課程 Corporate Tax Law 佐々木浩客員教授

▼在学生・修了生専用 ラウンジ見学

在学生ならびに修了生がご使用いただけるラウンジが東京校(丸ビル)内にオープンしました。学修環境の点検も行っていただきながら、ご相談やご質問を承ります。

▼修了生体験談

修了生をお招きして、「税理士資格取得のきっかけ」「仕事と学習の両立」「修士論文作成」「科目合格」「本学で得た人脈・ネットワーク」など、具体的な体験談をお聞きいただけます。また、皆さまからのご質問にもお答えします。

▼2021年9月入学向け給費生選考のご案内

<給費生選考>
選考日 :5月29日(土)
出願期間:5月6日(木)~ 5月22日(土)*証明書類なども全てオンライン提出
入学時期:2021年9月
選考方法:
・事前課題エッセイ(3題、それぞれ1000字程度ずつ)
・職務経歴書(書式自由)
・小論文(60分)
・面接(20分程度)
上記4つの審査項目の総合評価です。
選考結果:
下記のいずれかで選考結果が裁定されます。
・給費生(全額)合格
・給費生(半額)合格
・一般合格
・不合格
*給費生に該当せずとも、一般合格として2021年9月入学の資格を得ることは可能です。


給費生とは、いわゆる”特待生”の事です。
ご入学後 最初の半年間の授業料(全額もしくは半額)が給費されます。
また、「社会人給費生」「女性リーダー給費生」「国際リーダー給費生」の 3つのカテゴリーから複数名が選抜される予定です。

(1)社会人給費生
・EMBA志願者:
出願時において実務経験8年以上の方
・MBA志願者:
出願時において実務経験3年以上の方
・税理士養成課程:
出願時において実務経験3年以上の方

(2)女性リーダー給費生
・EMBA志願者:
出願時において実務経験8年以上の女性で、かつ管理職経験2年以上の方
・MBA志願者:
出願時において実務経験5年以上の女性で、かつ管理職経験2年以上の方
・税理士養成課程:
出願時において実務経験5年以上の女性で、かつ管理職経験2年以上の方

(3)国際リーダー給費生
・EMBA志願者:
出願時において実務経験8年以上の外国籍の方(帰化された方もOK)
・MBA志願者:
出願時において実務経験8年以上の外国籍の方(帰化された方もOK)
・税理士養成課程:
出願時において実務経験8年以上の外国籍の方(帰化された方もOK)

【専門実践教育訓練給付金で112万円が受給可能】
いずれのプログラムも指定講座となっており、2年間の標準年限で修了された場合、112万円の受給可能です。(一部例外あり)
給費生合格された場合には、専門実践教育訓練給付金との併用も可能です。


申し込む