入学案内

Admissions

MBAイベント《東京》

MBA Event Tokyo

  1. TOP
  2. 入学案内
  3. イベント情報
  4. 東京校
  5. 《東京校》岩澤誠一郎教授の体験授業&授業見学つきMBA説明会

《東京校》岩澤誠一郎教授の体験授業&授業見学つきMBA説明会

受付中 #体験授業 #修了生体験談 #授業見学 #入学選考アドバイス #質疑応答

EMBA/MBAプログラム、中小企業診断士養成課程を有する名古屋商科大学ビジネススクールの説明会です。当日は学校やプログラム説明に加え体験授業をご受講いただける他、実際の授業見学にもご案内いたします。また、本学の修了生から、仕事と学修の両立、本学で得たネットワークなど具体的な体験談もお聞きいただけます。その他にも、2022年4月入学選考に関するワンポイント・アドバイスや、最大112万円が給付となる専門実践教育訓練給付金制度についてもご案内いたしますので、ぜひお気軽にご参加ください。

※満席になり次第、受付を終了させていただきます。
※4月入学給費生選考(10/30)でのご出願をご検討の方は、出願締切日(10/23)が迫っておりますので、予め最終学歴の卒業証明書及び成績証明書のご準備をお願いします(大学院修了の方は、大学/大学院両方の証明書が必要です)。

開催日時
10:30〜12:30
会場
東京キャンパス
〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング
https://mba.nucba.ac.jp/access/tokyo.html
申し込み締切日

説明会概要
Weekend MBA®プログラムのご案内
授業見学
体験授業
修了生体験談
入学選考のワンポイント・アドバイス
質疑応答
※内容は予告なく変更となる可能性がありますので予めご了承ください。

体験授業
テーマ:「ケースで学ぶ行動経済学」
講 師:岩澤誠一郎 教授
概 要:行動経済学は、人間の経済活動における、非合理的な意思決定や行動についての研究です。経済活動ですから、多くの場合おカネが絡んでいます。おカネが絡む真剣な意思決定において、人間が合理的でない意思決定を行うことがあるのでしょうか?それがあるのです。本模擬授業で取り扱うケースでは、皆さんのビジネスにおける意思決定も、そうした非合理性から無縁ではないことを示したいと思います。ケースの議論を通じ、ビジネスに携わる皆さんの意思決定スキルの改善に資することが授業の目的です。

授業見学
科目名:Crisis Management & Leading Change(EMBA)
教員名:大槻奈那 教授
概 要:おそらくみなさんは将来なんらかの「危機」を経験することになると思います。これは、金融危機かもしれませんし、戦争、もしくは家族などに関わる個人的な危機かもしれません。この講義では、「危機」とは何か。過去にはどんな危機が発生したのか。どんな企業、シチュエーション、環境で危機が生じやすいのか、発生したときにはどのように対処すべきか、などを検討していきます。

科目名:Business Model Design(MBA)
教員名:小山龍介 准教授
概 要:産業規模でのイノベーションを実現するために必要なビジネスモデル構築のスキルと、未来志向の事業創造の手法を学びます。 本講義は、ビジネスモデルを構成する諸要素を統合、構造化するフレームワーク「ビジネスモデル・キャンバス」を使い、ビジネスモデルイノベーションを理解、実践できることを目的としています。具体的には、既存のビジネスモデルの構造的理解と、現実の世界で機能する新しいビジネスモデルの構築を行います。

修了生体験談
本学の修了生をお招きし、「MBAの必要性」「仕事と学習の両立」「MBAスキルの仕事への活用」「本学で得た人脈・ネットワーク」など、具体的な体験談をお聞きいただけます。また、修了生の方に皆さまからの直接のご質問にもお答えします。

《最大112万円給付》厚生労働省「専門実践教育訓練給付制度」について
本学のすべての学位プログラムとPreMBA(修了認定課程)は、厚生労働省「専門実践教育訓練給付制度」の指定講座です。本学にて専門実践教育訓練の指定講座を受講し、一定の要件を満たす場合、支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)がハローワークから支給されます。学位プログラムでは最大112万円、PreMBA1年コースでは最大56万円、PreMBA2年コースでは最大112万円の給付を受けられます。


申し込む