入学案内

Admissions

MBAイベント《東京》

MBA Event Tokyo

  1. TOP
  2. 入学案内
  3. 開催イベント
  4. 東京校
  5. 《東京校》税理士養成プログラム説明会(体験授業・授業見学・修了生体験談)

《東京校》税理士養成プログラム説明会(体験授業・授業見学・修了生体験談)

受付中 #体験授業 #修了生体験談 #質疑応答 #税理士養成課程 #授業見学

東京校にて、会計ファイナンス研究科 税理士養成課程に特化した特別説明会を開催いたします。
税理士養成課程では、税法学コースと会計ファイナンスコースに分かれており、この2つのコースを修了すると最大3科目の税理士試験科目が免除されます。説明会当日は、人気客員教授・佐々木浩先生の模擬授業(法人税)をご体験いただける他、授業見学・キャンパス施設見学・修了生体験談もご用意しておりますので、1日で本学での学びを全てご体験いただけます。税理士養成課程にご関心をお持ちの方はぜひご参加ください。
※申込者が定員に達しましたら受付を終了させていただきます。

開催日時
14:30〜17:00
会場
東京キャンパス
〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング
https://mba.nucba.ac.jp/access/tokyo.html
申し込み締切日

▼説明会概要
税理士養成課程の説明
体験授業
授業見学
修了生体験談
入試選考のワンポイント・アドバイス
質疑応答
※内容は予告なく変更となる可能性がありますので予めご了承ください。

▼体験授業
講 師:佐々木浩 客員教授
テーマ:1. 無償や低廉譲渡のケースで考える法人税法22条、2. 効率的な労務コストのあり方と法人税における役員給与税制との関係
概 要:法人税は、法人の行う経済活動から生ずる所得に対する課税です。法人税の講義というと一般的には税法を理解するものと思われがちですが、本講義では、法人税法を根源から理解するのはもちろんのこと、その前提となる経済活動との関りにも目を向けて、法人税を経済活動との関り合いから動的に理解するというスタンスで臨んでいます。
今回のテーマの1.は譲渡取引と法人税、2.は役員報酬を含めた効率的な労務コストのあり方と法人税といった視点で採り上げるものです。法人税に関する知識が多少でもある人ほど講義後に法人税に対する見方が一変すると思います。
法人税には、これら他にも、組織再編税制といったM&Aに関わる税制、CFC税制といった国際的なビジネス展開に関わる税制など、単独でも興味深い制度がいくつもあります。
模擬講義において、このような法人税の奥深い世界の一端に触れていただきたいと考えています。

▼授業見学
科目名: Tax Accounting
教員名: 矢野厚登 教授
概 要:税務会計は、実際の判例研究と申告書作成演習を通じて、企業の課税所得を計算するための税務会計の概念を学びます。本講義で扱う領域は、企業利益と課税所得、課税標準・税額の計算構造、益金の会計、損金の会計です。判例研究とともに、簡単な申告書作成実務の習得もできます。
本科目を学ぶことで、学生は法人税法の租税法学的な思考と実務上の問題点を関連付けることができるようになる。

▼修了生体験談
修了生をお招きして、「税理士資格取得のきっかけ」「仕事と学習の両立」「修士論文作成」「科目合格」「本学で得た人脈・ネットワーク」など、具体的な体験談をお聞きいただけます。また、皆さまからのご質問にもお答えします。

《最大112万円給付》厚生労働省「専門実践教育訓練給付制度」について
本学のすべての学位プログラムとPreMBA(履修証明)は、厚生労働省「専門実践教育訓練給付制度」の指定講座です。本学にて専門実践教育訓練の指定講座を受講し、一定の要件を満たす場合、支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)がハローワークから支給されます。学位プログラムでは最大112万円、PreMBA1年コースでは最大56万円、PreMBA2年コースでは最大112万円の給付を受けられます。


申し込む