QSランキングにてMIMが国内1位にランクイン


世界3大ランキングの1つであるイギリスの高等教育評価機関クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds、以下QS)による「QS World University Rankings: Masters in Management Rankings 2020」にて、本学の「MIM(Masters in Management)」が国内1位、アジア8位と高く評価されました。また、国内のビジネススクールの中では、本学だけがMasters in Management Rankings 2020に選出されました。(2019年9月26日発表)

・ 1位 - 日本国内
・ 8位 - アジア
・ 101位 - 世界


今回のランキングには、インド、中国、香港などの世界で活躍するビジネスリーダーを輩出し続けているトップスクールが名を連ねています。本学のMIM(M.Sc in Management)プログラムにおいては、世界40ヶ国以上から集う多彩な受講生層と実践的かつ質の高いケースメソッド授業が高く評価されました。このような世界的視野に基づいたビジネススクールランキングに選出され、高く評価されていることは名誉なことであり、今後も建学の精神である「フロンティア・スピリット」に基づき、世界に通用するビジネスリーダーの教育を目指していく所存です。


出典:QS MIM Ranking 2020


QSランキングとはQS社は世界大学ランキング(#QSWUR)の発行体として知られ、毎年世界中の大学を評価し様々な大学ランキングを公表。今回のMIMランキングでは、200校を超えるビジネススクールのプログラムが評価対象。主な評価の要素については、世界トップ企業による評価、学位取得に対する費用対効果、修了生の経歴や社会的影響力、教員の研究実績、受講生の多様性などが含まれます。