MBAについて

About MBA

プレスリリース

Press Release

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. プレスリリース
  4. EMBAランキングにて《国内1位》アジア14位に

EMBAランキングにて《国内1位》アジア14位に

#ExecutiveMBA #QS #TopMBA #Ranking

国内ビジネススクールで初となるEMBAランクイン

高等教育に関する世界3大ランキングの1つであるQS社(QS:Quacquarelli Symonds社 - 英国)による「QS Global EMBA Ranking 2018」が4/26発表され、本学のExecutive MBA(2003年発足)が国内ビジネススクールとして初めてランクインを果たして国内1位、アジア・太平洋地域部門では14位と高く評価されました。Executive MBAとは実務経験豊富な社会人を対象としたマネジメント教育の場であり、本学ではさらに全てケースメソッドによる実践的な教育が東京・大阪・名古屋の三拠点で提供されています。

  • 1位 - 日本国内
  • 14位 - アジア太平洋地域
  • 111位 - 世界

昨年12月のGlobal MBA 2018でのランクインに続き、世界に20,000ほど存在するといわれるビジネススクールの最上位グループに入ったことを示す今回の結果は、2つの国際認証(AACSB、AMBA)を保持する教育の質の高さ、世界各国のビジネススクールとの提携関係をによる国際的なプレゼンスが評価されていると考えられます。このような世界的視野に基づいたビジネススクールランキングに選出されていることは名誉なことであり、今後も建学の精神である「フロンティア・スピリット」に基づき、世界に通用するビジネスリーダーの教育を目指していく所存です。

QSランキングとは

QS社は世界大学ランキング(#QSWUR)の発行体として知られ、毎年世界中の大学を評価し様々な大学ランキングを公表。今回のGlobal EMBAランキングでは、60ヵ国300校を超える教育機関が評価対象。QS Global EMBAランキングの主な評価要素は企業による評価、研究者による評価、修了生の業績、在籍者のクオリティ(経営幹部経験、管理職経験、平均勤務年数)、そして在学生の女性比率や国籍等の多様性などとなります。QS Global EMBAランキングについてのより詳しい情報はQS Global EMBA Ranking 2018(Asia-Pacific)でご確認いただけます。EMBAとMBAの違いに関する解説

Executive MBA(社会人MBA)


QS Top EMBA

名商大ビジネススクールのExecutive MBAは、国内初となる豊富な実務経験を持つ社会人を対象として2003年に発足し、国際認証AACSBおよびAMBAによる認証を取得したMBAプログラムとなります。現在、東京、大阪、名古屋の三拠点にてプログラムを提供し、参加者の実務経験は平均15年以上で39歳、全ての参加者が平日の実務と週末の学修を両立しています。

名商大ビジネススクールのEMBA教育の特徴としては、全授業がケースメソッドで実施される実践的かつ質の高いカリキュラムを東京・大阪・名古屋で提供している点です。研究領域としても起業家育成や後継者育成に関する研究やケースの開発が文部科学省による「ブランディング事業」として採択されています。