NUCB BUSINESS SCHOOL - Graduate School of Management

AWAKEN
YOUR
AUTHENTIC
LEADERSHIP

Executive Education

Focused Programs

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. MBA単科
  4. 単科一覧
  5. 危機管理と事業継続

危機管理と事業継続

Crisis Management for Sustainability

受付中 #土日2日間授業 #LiveVirtual開講 #危機管理 #申込締切1月7日(金)

本授業では、企業の社会的機能を理解し、企業の危機管理と事業継続についてビジネス界や国内・国際的な社会の持続的発展に貢献できる能力開発を目指します。危機管理と事業継続についての戦略的思考法を身に着け、ビジネスの現場で危機リスクを経営できること、そしてその中でチャンスを見つけて自らの企業の持続的継続性を計画できる包括的能力を開発していきます。 リスクマネジメント、外部的な危機リスクと事業継続問題についてレクチャーを行い、危機管理と事業継続の問題を議論します。自己の会社や組織に対して、少なくとも重要な危機リスクを指摘し、それを回避をするオプションを識別し、持続性に向けた計画を作成できるようにします。

申し込み締切日:

お申込後のご注意点

開講4週間前を過ぎた場合のキャンセルによる返金はいたしかねます。また、欠席された場合の補講や別の科目への振替対応はいたしておりませんので予めご了承ください。

満足度3.72

レビュー 46件
  • トピック

    経営 / 経営企画

  • 職種

    経営 / 経営企画

  • ポジション

    経営者 / 役員

  • 受講料

    78,000円

  • 言語

    Japanese

  • フォーマット

    Virtual

開催日時
09:20〜16:40
9:20〜16:40
会場
オンライン
申し込み締切日

対象者
社会人 / 修了生

講義計画

Day1

最初に、危機管理と事業継続計画について、その基本的考え方と実際についてレクチャーし、その後議論する。そこには中越地震で工場が破壊されたリケンや事業継続のための無形資産の保護の事例、などいくつかの事例を含む。つぎに、資生堂のケースのパンデミックスの事例などを議論する。
その後、ケースに沿って、1997以降世界的の中で急速に成長してきたディジタルコンテンツの王者、ネットフリックスの危機分析をする。加えて、プラットフォームビジネスについて議論する。クリステンセンのディレンマ問題についても議論する。

Day2

事業継続の考え方と実践法について、個別事業や大企業のように多くの事業を抱えている場合について、重要な危機の種別ごとに講義し、ケースに基づいて議論する。
特に、米国ブロックバスターやタカタ、あるいはエンロンの崩壊には、複数の危機の原因となる経営問題があった。これらの危機の遠因をERMの危機管理の視点から見ていく。さらに、倫理的的リーダーとして企業文化、経営倫理など内部からの危機についての考え方を議論したい。不祥事が危機に関係する問題に関して、刈屋の論考を利用する。

使用ケース一覧

Day1

CCJB-IVE-18033-01 ネットフリックス・インク: ディスラプター(破壊者)が破壊の危機
IS NETFLIX BUILDING A HOUSE OF CARDS

Day2

エンロンの崩壊(IMD‐1‐0195‐JP)
刈屋(2018)企業文化の有効性と経営者責任の法制化

教科書および参考文献

教科書

配布資料

参考文献・資料

  1. 「リスク評価手法の内部監査での25の活用事例」日本内部監査協会2016(無料ダウンロード可能)file:///F:/RM2020/内部監査協会RMa03_1611.pdf
  2. 経産省産業資金課編(2005)『先進企業から学ぶ事業リスクマネジメント』経済産業調査会(無料ダウンロード可能)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1009673 これは事務的なハウツーの側面が強く、その意味で実際的。
  3. ウォーカー・シェンカー・バートン著(刈屋監訳)(2003)『戦略的事業リスク経営‐ノーリスク・ノーマネジメント』東洋経済新報社
  4. バートン・シェンカー・ウォーカー著(刈屋・佐藤・藤田訳)(2003)『収益を作る戦略的リスクマネジメント―米国優良企業の成功事例』東洋経済新報社
  5. 日本内部監査協会(2008)『COSO全社的リスクマネジメント 』同文館
  6. 東京海上日動リスクコンサルティング(2006)『リスクマネジメント』秀和システム
  7. 荒木博行(2019)『世界「倒産」図鑑』日経BP社
    8.佐藤文昭(2017)『日本の電機産業失敗の教訓』朝日新聞出版
    9.クレイトン・クリステンセン(2002)『イノベーションのジレンマ』翔泳社
    10.ジーナ・キーティング(2018)『NETFLIX コンテンツ帝国の野望』新潮社
    11.リード・ヘイスティングス、エリン・メイヤー(2020)『No Rules〙日経BP
    12.M.K.クスマノら(2020)『プラットフォーム・ビジネス』有斐閣

関連科目

Related Courses

この単科のレビュー

Review

  • As a countermeasure against crisis management, there were new discoveries that were thought-provoking when viewed from the perspective of crisis management, and it was refreshing to see that they are connected to the development of ethics among managers.

    管理職 30代代 男性

  • 先生の知識が豊富で、事例に使ったNetflixのコンテンツ制作をつづけるかという議論が面白かったです。

    専門職 30代代 男性

  • スタートアップ企業で、これからIPOを目指していく立場にあるため、本授業の学びは、これから内部統制やガバナンスの構築を考えていく上で、大変参考になる内容でした。

    専門職 40代代 女性