MBAについて

About MBA

選ばれる理由

Advantages

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. 選ばれる理由

世界標準の経営教育

国際認証された世界標準の経営教育を、社会人の方が働きながら集中して学びやすい週末型大学院として東京・名古屋・大阪で展開。海外のビジネススクールへの留学支援も充実し、世界を代表する経営大学院であるハーバード・MITスローン・IMDへの短期留学支援制度も提供。QSやFTなど世界153カ国・1000校・4,000プログラムを対象にしたMBAランキングにおいて、国内1位そしてアジアでもTop10に入る高い評価を受けています。


社会人を対象とした週末型授業

Weekend Programs


週末型のMSc/MBA/EMBAを東京・大阪・名古屋にて展開。社会人MBAの先駆けともいえる週末型MBAは本学が2003年に開始した国内で最も歴史ある社会人プログラム。参加者の95%以上が豊富な実務経験を有する社会人という日本最大規模のMBAです。


プログラム一覧


世界標準の経営教育

Triple Accreditations

名商大ビジネススクールは全ての国際認証(AACSB, AMBA, EQUIS)を国内初で取得した世界トップ1%のトリプル認証校。国際認証とは学位の国際通用性を保証する仕組みであり、国際認証は同じ土俵に上った経営大学院が提携関係を構築し、交換留学や複数学位、共同学位を通じて学生・教員が重層的なネットワーキングを行うための枠組みです。



国際認証


ケースメソッド

Case Method


全ての授業においてケースと呼ばれる企業事例を使用した「ケースメソッド」を導入。ケースに綴られているのは、実在する企業が日々直面している経営課題。参加者は、予習・グループ討議・クラス討議のプロセスで企業経営の視点で討議を繰り返しながら、数百におよぶ多様な事例を元に意思決定を追体験することで、マネジメントに求められる実践的な姿勢を高めます。


ケースメソッド


教員

Faculty

本学の教員はAACSB・AMBA・EQUISが定める教授領域と関連した実務経験、論文・著書の実績など、いくつもの厳しい国際基準をクリアしており、その9割以上がビジネスの第一線で活躍してきた実務家教員です。いわゆる「研究者を育成するための一方通行の学術的講義」とは異なり、実務で得た経験や知識を授業に反映させることで、ビジネスに直結した実践的な学びを提供しています。


教員紹介


参加者

Participants



海外経営大学院への派遣

International Programs


本学が世界を代表するハーバードビジネススクール(米国)、MITスローン(米国)、IMDビジネススクール(スイス)、ケロッグ経営大学院(米国)との協力関係により2005年に構築したのが「社会人海外研修支援制度」です。いずれも3日間から7日間と仕事を離れる事なく充実した学びを得ることができます。参加者は奨学金給付とともに単位認定を受けられます。


海外ビジネススクールへの交換留学

希望者は世界中の100校以上の提携ビジネススクールへの交換留学が可能です。どのビジネススクールも国際認証を取得し、世界MBAランキングでも上位の、その地域の代表校。これら提携ビジネススクールでの授業料は免除され、一定の基準を満たせば留学奨学金も支給されます。また留学先での取得単位を本学の卒業単位として認定する制度もあります。


ダブルディグリー制度

ダブルディグリーとは提携するビジネススクールと本学にて1年ずつ学び、2年間で両ビジネススクールの修士号を取得することを目指す先進的な履修制度です。授業料は本学2年間分のみで留学先の授業料は免除されます。


MBA留学について知る


  • MBA Basics

    業界やビジネスを取り巻く環境は常に変化が起き、従来のマネジメント知識では対応できない今こそ「学び直し」が重要となっています。「MBA Basics」では、人気教授が厳選した8ケースにはMBAのエッセンスが凝縮され、東京校(丸ビル9F)において木曜夜間(19:00-21:00)にMBAさながらの討論型授業を行います。

    詳細


アクセス

Access

キャンパスは全てターミナル駅より徒歩1〜3分の交通至便なアクセス。仕事の都合や転居などがあっても在籍しながらキャンパス間の転校も可能です。キャンパスには世界中のビジネススクールが採用するケースメソッド教室を備え、ケース討論に特化した環境整備を実施。社会人にとって有意義な学修環境を整えています。