MBA留学

International Programs

  1. TOP
  2. MBA留学

海外名門ビジネススクールとの交流協定

社会人のMBA留学を支援するために、国際認証ビジネススクールとして、世界MBAランキングにて高く評価されている世界中のビジネススクールとの提携ネットワークを確立。これらトップスクールとのMBA留学《単位互換》を実施し、グローバルに活躍できるビジネスリーダーの育成に力を入れています。既に世界5大陸に170を超える提携ビジネススクールを有しています。多くの社会人MBAの受講生が、こうした提携ビジネススクールが提供する短期交換留学プログラムに参加し、実務とMBA取得とMBA留学を実現しています。


  • 海外提携校

    世界 60 カ国

  • 海外提携校

    世界 174

  • 在籍学生

    世界 46 カ国


海外提携ネットワーク

Partner Schools

本学が加盟するPIMとは、1973年、Ecole des Hautes Etudes Commerciales (HEC)、New York University (NYU)、London Business School (LBS) の3つの経営大学院が立ち上げた学生交流機構が起源となります。現在PIMは、世界のトップビジネススクールのコンソーシアムとして活動して、交換留学や共同研究を支援しています。現在、PIMのメンバーは世界に67校存在し各国を代表するビジネススクールで構成されています。


交換留学提携校


PIM


留学レポート

Report


Nagoya is a leading economic market. So I wanted to do my MBA at NUCB Business School.

Nagoya is a leading economic market. So I wanted to do my MBA at NUCB Business School.

Kavitha, India

I found that NUCB Business School stood out because of its emphasis on a global mindset and developing global leaders.

I found that NUCB Business School stood out because of its emphasis on a global mindset and developing global leaders.

Philip, USA

Classmates are well diversified in nationality, industry and experience. Hence, I can learn a lot and broaden my perspective.

Classmates are well diversified in nationality, industry and experience. Hence, I can learn a lot and broaden my perspective.

Yaoki, Japan

NUCB Business School's best strength is the case method and global presence.

NUCB Business School's best strength is the case method and global presence.

Claire, France

I really welcome the opportunity to come here and get hands on experience how Japanese negotiate, how they work, how they communicate is and so on.

I really welcome the opportunity to come here and get hands on experience how Japanese negotiate, how they work, how they communicate is and so on.

Matej, Slovakia



VIEW ALL


海外提携校

Partner Schools

世界60カ国173校のビジネススクールへ最短1週間から交換留学が可能です。提携校の授業料は免除され、一定の基準を満たせば留学奨学金も支給。また、留学先のビジネススクールで取得した単位は、最大10単位まで本学の卒業単位として認定します。


  • Harvard Business School

    世界的なビジネスリーダーを輩出するハーバード大学経営大学院が提供する社会人教育(履修証明)への参加を支援します。本場のケースメソッド、クラス討論、ゲストスピーカーによる特別講義を世界中から集まる参加者との国際的な交流のもと体験できる充実した内容。本学独自の奨学金支給・単位認定制度により、在学生の参加を支援しています。

  • MIT Sloan School

    世界をリードするビジネススクールであるMITスローンスクールで、世界中から集まる優秀な社会人を対象として次世代のビジネスリーダー育成を目的とした、1週間の短期プログラム(履修証明)の受講支援を実施。ケーススタディーと講義を織り交ぜながら段階的に学べる形式が特徴で、本学独自の奨学金支給・単位認定制度により、在学生の参加を支援しています。

  • IMD Business School

    国際的な経営教育で世界的に著名なIMD(スイス)では、毎年6月に6日間の短期集中履修証明プログラムを開講。IMDビジネススクールは『フィナンシャルタイムズ』のエグゼクティブ教育部門で3年連続1位を獲得。IMDの協力によりOWP(スイス・シンガポール開催)への特別参加枠を得て、本学独自の奨学金支給・単位認定制度により、在学生の参加を支援しています。


VIEW ALL


よくある質問

FAQ



VIEW ALL


MBAとは?《MBA取得の意味と価値》

MBAとは

About MBA

MBA(Master of Business Administration)とは経営管理に関する修士号であり、世界には学位としてのMBAの質保証を担う国際認証機関が3つ存在(AACSB,AMBA,EQUIS)します。国内でMBAに対応する学位は修士(経営学)となり、MBA取得には1年間(欧州は1〜1.5年が主流)から2年間(日米の標準)の学修が必要となります。MBAとは医師や弁護士のような業務独占資格ではなく経営学に関する「学位」です。MBAは中小企業診断士と似た側面もありますが、MBAがリーダーとしての「姿勢」を重視するのに対し、中小企業診断士は経営者に助言を提供するための「スキル」や「知識」を重視している点で異なります。

数字で見る国内MBA

国内MBAを数字で表現すると以下のようになり、参加者平均年齢が国際比較で少し高い傾向になるのが特徴といえます。これは多くの国内ビジネススクールが働きながら学べる環境を提供していることに由来しています。国際的にも同様の傾向が確認されており、仕事を離れてMBAを取得するケースは限られています。また、国内であっても学位の国際通用性の観点から国際認証校を検討することが一つの目安になっています。


  • 修了年限

    2 年間

    大学院設置基準第16条

  • 卒業要件

    40 単位

    大学院設置基準は30単位

  • 出願条件

    実務 3

    欧州基準

  • 授業料

    300

    卒業までに必要な金額

  • 参加者年齢

    35

    入学者数は年間約2,500人

  • 国際認証校

    6

    AACSB/EQUIS/AMBA

MBAの歴史

MBA教育は研究者ではなく企業経営の実務家の養成を目的とした伝統的な経営教育であり、世界各地で実務家の利便性を考慮した教育課程が行われています。

  • 1819年:ESCP EUROPEが世界初のビジネススクールを設立
  • 1881年:ペンシルベニア大が米国初のビジネススクールを設立
  • 1900年:ダートマス大学がMBAの前身である商学修士号を開始
  • 1908年:ハーバード大が世界初のMBAを開始
  • 1943年:シカゴ大が世界初の管理職向けのExecutive MBAを開始
  • 1950年:ウェスタンオンタリオ大が米国外で最初のMBAを開始
  • 1957年:INSEADがヨーロッパで最初のMBAを開始

MBA本場となるアメリカでは1年間に10万人のMBAを輩出し、上場企業の部長職の6割がMBA以上の学位を保有している、との報告もあるなどMBAとは実質的に「管理職資格」と捉えられる傾向にあります。世界的にMBA取得の需要が高い2大業界は金融証券系と医療製薬系となります。その背景には従来、参入障壁に守られていた業界の再編がグローバルな規模で生じていると考えられています。

MBAの種類

MBAは世界に16,000の教育機関が提供しているといわれ、大きく以下の2種類に分類されます。前者は仕事を継続しながら土日や夜間にMBA取得を目指すスタイル(パートタイムMBA)に対し、後者は一旦職場を離れてMBA取得を目指すスタイル(フルタイムMBA)となります。どちらのスタイルも世界中で定着しており、企業人事からの評価の面でも大きな違いはありませんので、自分自身のキャリアや様々な施薬条件を検討して選択することになります。

  • フルタイムMBA
  • パートタイムMBA

重要なのはMBA教育の質保証の観点です。MBAとは経営管理に関する修士課程であり、当該教育課程の「品質」を一体誰が認証しているか?という視点がビジネススクール選択において大切な役割を持っているためです。パンフレットやウェブサイトでは測り知ることのできない教育力、研究力、国際性、を専門家が認証する枠組みが世界には3つ存在します。

  • 国際認証MBA(AACSB・EQUIS・AMBA)
  • 国内認証MBA(大学基準協会)

MBAの価値

MBAの価値は究極的には教育費用対効果(ROI)で測定され、多くのMBAランキングにおいて最も大きな比率(40%-60%)を有しています。その算出方法は単純でして、年収上昇(卒業後-入学時)/(卒業にかかる費用)で表現されます。正確には地域のインフレ率や給与水準も加味されますが概ねこのような式で計算されます。