教員 & 研究

Faculty & Research

事業承継研究所

Center for Family Business

  1. TOP
  2. 教員&研究
  3. 研究活動紹介
  4. 事業承継研究所

事業承継支援を通じた中小/小規模事業者の経営基盤強化

中小・小規模事業者は、日本における企業の9割以上を占め、地方における雇用創出や産業活動において重要な役割を担っています。愛知県内においては、中小・小規模事業者の休廃業・解散件数が4年連続で1,300件を超え、休廃業する事業者のうち約7割が後継者不在に起因するものであり、この状況は全国平均を上回る状況にあります。こうした状況を踏まえ、産学連携による中小・小規模事業者の活性化に資するため、事業承継研究所を設立いたしました。

中小企業の経営者が抱える課題は大きく分けて2つ存在します。その1つが「後継者育成」であり、この課題はつい後回しになってしまうものです。しかしながら、確実に承継時期は迫ってきます。その必要性が訪れた時には既に手遅れで、同業者とのM&Aか廃業を選択する以外に手段を失う事例が多いのが現状です。したがってビジネススクール教育で培った知見を活用しながら、事業承継に関する産学連携によるケース開発、第二創業支援、企業診断等を実施してまいります。


ファミリー企業が事業承継において直面する課題


廃業時の経営状況(N=635)


廃業を決断した理由(N=617)


事業承継研究所では、名古屋商科大学ビジネススクール教員ならびに愛知県の各信用金庫職員が研究員となり、親族内承継を目的とした「事業承継人材育成」を協同にて実施いたします。親族内事業承継を支援することで、中小・小規模事業者の事業基盤・強化を図り、技術・暖簾(のれん)を後世に伝えると共に、企業の長期的な成長と地元における雇用提供、そして地域の若者が新しい着眼点で伝統のある地域産業を活性化させていくことを目的に取り組んでまいります。


愛知県信用金庫協会との連携協定



研究所の歩み

History


2014 事業承継研究所開設
2015 名古屋商科大学事業承継研究所を設立
2015 事業承継学会年次全国大会開催
2018 事業承継学会年次全国大会開催
2019 事業承継ネットワーク設立

大学と信用金庫が「事業承継人材育成」を共同で
実施する全国初の試み

名古屋商科大学(運営:学校法人栗本学園)と愛知県信用金庫協会会員15金庫は、2015年に「名古屋商科大学事業承継研究所(以下「研究所」と称する)」を設立しました。産学連携による中小・小規模事業者の活性化に資するために設立された研究所は名古屋商科大学教員ならびに各信用金庫職員が研究員となり、親族内承継を目的とした「事業承継人材育成入試」を共同で実施しています。


  • 愛知信用金庫
  • 豊橋信用金庫
  • 岡崎信用金庫
  • いちい信用金庫
  • 瀬戸信用金庫
  • 半田信用金庫
  • 知多信用金庫
  • 豊川信用金庫
  • 豊田信用金庫
  • 碧海信用金庫
  • 西尾信用金庫
  • 蒲郡信用金庫
  • 尾西信用金庫
  • 中日信用金庫
  • 東春信用金庫

担当教員

Faculty



事業承継学会研究会

Event



活動報告

Report