MBAについて

About MBA

国際ランキング

International Ranking

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. MBA世界ランキング《アジア1位》

ランキング2020

世界MBAランキングで
国内1位に連続ランクイン


  • Executive MBA Asia 18th

    国内 1

    FT Ranking

  • Executive MBA Asia 23rd

    国内 1

    QS Ranking

  • Global MBA Asia 17th

    国内 1

    QS Ranking

MBAランキング


名古屋商科大学ビジネススクールは、世界で最も影響力のあるフィナンシャルタイムズのMBAランキングで国内大学初となるランクインを果たしました(2018年12月3日発表)。FTランキングの特徴は評価項目の70%を「卒業後の成果」と「国際性」に関する要素が占めている点です。このような名誉ある評価を受け、今後、更なる質的向上を図るべく国際的な教育研究活動に力を注いで参ります。また本学は、FTランキンのみならず、QSランキングにおいても連続して国内1位と高い評価を受けています 。QSランキングとは世界三大ランキング(FT、QS、Economist)の一つとして知られ、独自の調査結果をMBAランキングとして発表しています。毎年発表されるランキング結果は実務経験豊富な社会人が参加するExecutiveMBAを対象に、合計300校を超える40ヵ国のビジネススクールを評価したものです。


修士課程ランキング(経営教育)


  • Executive MBA

    Asia 3 rd

    Best Masters ranking

  • Taxation

    World 2 nd

    Best Masters ranking

  • Entrepreneurship

    World 19 th

    Best Masters ranking

経営教育に関する修士課程教育の世界的調査である、Eduniversal Best Masters Ranking worldwideにおいて、本経営大学院のすべての学位課程が国内第1位を獲得しています。特に税理士養成課程は「税法学部門」において世界第2位にランクイン。さらに週末型MBAにおいて起業家養成部門でアジア第1位、世界第19位という高評価を受けました。実務経験豊富な社会人を対象とした「Executive MBA部門」においても国内第1位と評価されています。これらの評価は本学の経営教育が国際的な水準において高く評価されていることの表れです。

Eduniversalとは?

フランスに拠点を持つSMBG社が実施する世界のビジネススクールを対象としたランキング機構。経営教育が行われている世界154ヶ国、1,000校、4,000プログラムを対象に、企業・大学による「教育課程の評価」、「卒業生の進路&収入」、および「卒業生の満足度」の3基準で評価されています。



教員

Faculty


9割以上がビジネスの現場で活躍する実務家です。本学の教員は、AACSBやAMBAといった国際認証が定める基準に関係する教授領域と関連した実務経験、論文・著書の実績など、いくつもの厳しい基準をクリアして採用されます。厳しい採用基準をクリアし、実務で得た経験や知識を持った教員が、ビジネスに直結した実践的な学びを提供しています。


教員紹介を詳しく見る


  • 世界標準の経営教育

    MBA取得という目標に向かう社会人に世界標準の経営教育を提供することを約束するため、本学はビジネススクールの国際的な基準(AACSB、AMBA、EQUIS)に則りながら運営されています。また、MBAランキングや国際認証が重視する教育研究活動を実践するために高業績を有する研究者を国内外から採用して多様性の高い環境を実現しています。

  • 学生への調査

    日経キャリアマガジン「MBA、会計、MOTパーフェクトブック2011年度版」にて、本学マネジメント研究科が「MBA学生満足度ランキング」第1位に選出。 調査は各ビジネススクールの学生・修了生へのアンケートから、編集部が無作為に20の回答を抽出し、平均点の順位を出したものです。本学は「実践的な授業が多い」「講師陣が充実している」などの項目で高い評価を得て、50点満点中、49.0点となりました。

在学生・修了生の所属企業抜粋

  • アイシン精機(株)
  • 味の素(株)
  • アスクル(株)
  • (株)アルペン
  • AGC旭硝子(株)
  • (株)NTTドコモ
  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)
  • 大塚製薬(株)
  • (株)岡村製作所
  • オムロンヘルスケア(株)
  • オリックス(株)
  • カゴメ(株)
  • 関西電力(株)
  • (株)近鉄エクスプレス
  • (株)近鉄百貨店
  • (株)きんでん
  • KDDI(株)
  • サトレストランシステムズ(株)
  • 三光鋼材(株)
  • 山陽電気鉄道(株)
  • (株)システムサポート
  • (株)新生銀行
  • スズキ(株)
  • (株)スタッフサービス
  • 積水ハウス(株)
  • セコム(株)
  • ソニー(株)
  • ソフトバンク(株)
  • 第一三共(株)
  • 大東建託(株)
  • 大日本印刷(株)
  • 大日本スクリーン製造(株)
  • (株)大丸松坂屋百貨店
  • 武田薬品工業(株)
  • (株)ツルヤ靴店
  • (株)中電シーティーアイ
  • (株)帝国データバンク
  • (株)デンソー
  • 東京電力(株)
  • (株)東芝
  • 豊川信用金庫
  • トヨタ自動車(株)
  • (株)豊田自動織機
  • トヨタテクニカルディベロップメント(株)
  • トヨタファイナンス(株)
  • 東邦ガス(株)
  • (株)トーメン
  • (株)名古屋銀行
  • 西日本旅客鉄道(株)
  • 日産自動車(株)
  • (株)ニッセンホールディングス
  • 日本イーライリリー(株)
  • 日本オラクル(株)
  • 日本電気(株)
  • 日本フイツシヤ(株)
  • 日本年金機構
  • 日本メナード化粧品(株)
  • 任天堂(株)
  • 野村證券(株)
  • 阪急電鉄(株)
  • (株)日立製作所
  • (株)ファーストリテイリング
  • (株)ファルコSDホールディングス
  • 不二製油(株)
  • 富士ゼロックス(株)
  • (株)富士通マーケティング
  • ブックオフコーポレーション(株)
  • ブラザー工業(株)
  • 古河電気工業(株)
  • (株)ベネッセホールディングス
  • (株)星野リゾート
  • マイクロソフト(株)
  • (株)マツモトキヨシ
  • (株)マルト水谷
  • みずほ信託銀行(株)
  • (株)三井住友銀行
  • 三井物産(株)
  • 三菱自動車工業(株)
  • (株)三菱東京UFJ銀行
  • 三菱UFJリース(株)
  • 名糖運輸(株)
  • (株)メニコン
  • (株)モスフードサービス
  • (株)ヤマダ電機
  • ヤマト運輸(株)
  • 横河電機(株)
  • ユニー(株)
  • ユニ・チャーム(株)
  • (株)リクルート
  • リンテック(株)
  • (株)ローソン
  • 大阪市交通局
  • 楽天株式会社

ケースセンター

Case Center

本学では、独自に開発した最新ケースを保有。優秀なケースを毎年ケースアウォードとして表彰し研究活動を支援。年間100以上の新たなケースが誕生しています。