教育課程

Academic Programs

PreMBA

Diploma in Management

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. PreMBA
  4. 参加者の声
  5. 過去を見直し、将来を考える。長屋是通さん

過去を見直し、将来を考える。長屋是通さん

#キャリア #役職者 #事業承継

NUCB 長屋是道さん

不動産業・販売業経営
長屋是通さん

Pre MBA(履修証明)名古屋校
2015年4月入学

実家の家業が電気店だった長屋是通さん。電気系の高校と専門学校、後継者育成の専門学校をご卒業後、家電製品販売・電気工事に従事されました。平成8年に携帯電話販売店「株式会社デジマックス」を創業。その後、不動産賃貸業へと業務展開し今年で創業19年目を迎えています。2015年4月にPre MBA(履修証明)に入学し、経営者として学んでいること、活かされていることを伺いました。


「成功する人は週末を無駄にしない。」


専門学校を卒業し実家の家業として継いだ街の電気店は当時、大型家電量販店の攻勢激しく苦戦を強いられるようになっていました。そんな危機感の中、普及初期であった携帯電話の販売店を次の事業とし「株式会社デジマックス」を創業し、5年ほどで23店舗までに事業を拡大しました。その後、携帯電話の急激な普及と飽和状態より様々な問題が生じてきたこともあり、5年前から次の事業の柱にと考えていた店舗やアパート賃貸に主軸を移していきました。
起業して18年。ビジネスのノウハウもなく感覚的に進めてきた会社経営ですが、人とのつながりの強い地域性にも助けられ、正直、自身の会社経営についての不安はあまり感じていませんでした。しかし、時間的な余裕が生まれていたのも後押しして、何の裏付けもなく見よう見まねの経営が本当に正しかったのかを確認したくなり学ぶことを決意しました。
学校を探しネット検索する内、名古屋商科大学ビジネススクールの広告「成功する人は週末を無駄にしない。」のフレーズを目にしました。自分に訴えられた気がしてドキッとしたのです。すぐに資料請求し個別相談に申し込みました。個別相談を担当してくれた事務局スタッフの対応が良くて学校を決めました。


逆フレームワークで自身の経営判断を答え合わせ


問題を解決に導くための答えを探る時に適切とされる枠組みを「フレームワーク」と言います。目的ごとにビジネスに当てはめて考える事で、何が必要で何が課題となっているのかを論理的に導くことができます。
授業では、様々な企業ケースを通じて課題に対するより正しい経営判断について繰り返し論じ考えていくので、その答えを導くための手段としてフレームワークを使用します。今まで5FORCES、3C分析、PEST分析、7S、4P、など様々なフレームワークを習ってきました。
私は、そのフレームワークを習った後は自身の会社経営で確認作業をしています。執り行ってきた18年間での課題や悩みを思い出しながらフレームワークに当てはめてみるのです。そうすると、その時々に下した自身の経営判断が正しかったのか答え合わせの作業ができるからです。
経営者としては学校で習った知識を通して知っていれば楽だったのに、と思うことはたくさんあります。逆に、感覚的な経営判断であれ正しかったと分かると、それは自信に繋がります。
また、授業中「これはビジネスになるな」とアンテナも常に張っています。会社は安定だけを良しとしてはいけない、変化を恐れず日々挑戦し、進化し続けていくことが大切だと思いました。


間違いを恐れない


自分自身でも変化を感じるのは、人前で積極的に意見を言うようになったことです。それまでは間違いを恐れて言えませんでした。入学して最初の授業「ビジネスプレゼンテーション」でまず羞恥心がエネルギーに変わったのを今でも覚えています。その後も毎授業繰り返されるディスカッションを通して鍛錬され続けました。今では、地元企業が集まる研修会で一番に挙手をして意見を言わなければ気が済まないほどです。
ネットでの衝動買いも減りましたね。ロジカルな考え方が身について、ポチっと購入ボタンを押す前に一旦冷静に考えられるようになったのです。生活の無駄が減ったのを感じます。
知識としてはアカウンティングとファイナンスも役立っています。仕事で取引先の銀行担当者と話す時、内容が理解できるので受け身にならず積極的に関われるようになりました。ファイナンス用語や数字の使い方を知っていると、ビジネスの共通言語として効果的に働く場面があるのは確かです。


受講生や先生から刺激を受けます


印象的な先生のお一人、望月先生は自身で起業し経営者目線での話は大変共感できましたし参考にしました。授業で経営理念の大切さを知り自社ホームページにすぐ反映させました。先生の例え話もとても面白かったので、自分の話かのように周囲に話しています。「これはビジネスになるな」などと、授業中アンテナは常に張っていますね。
同じ履修証明プログラム受講者からも刺激を受けます。50代を過ぎてもアグレッシブに学び続ける姿勢は見習いたいです。

もちろん今まで苦手な科目もありましたし予習など苦しい時もあります。でも大人になってから「楽しい」と感じるのは知らないことを知る時ですよね。入学して先生や受講生を通して改めて感じました。授業に出ると初めて知ることばかりで毎回ワクワクしています。これからも一生勉強だと思っています。

PreMBA(履修証明)にご関心をお持ちの方へ

平日夜間や週末に東京、名古屋、大阪の各キャンパスで説明会を開催しています。お気軽にご参加ください。
また個別でのご相談も随時承っておりますので、ご希望の日程をお知らせください。折返しご連絡いたします。

名古屋商科大学ビジネススクールは、国内初MBAの国際認証(AACSB,AMBA)ダブル取得をしたビジネススクール。双方向ライブ形式のオンライン授業でMBAの基礎が体系的に学べるPreMBA(履修証明)を開講。

取材:2015年11月