AWAKEN
YOUR
AUTHENTIC
LEADERSHIP

Executive Education

Focused Program

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. MBA単科
  4. 単科一覧
  5. ビジネス倫理

ビジネス倫理

Business Ethics

受付中 #土日2日間授業 #LiveVirtual開講

企業行動は投資家のみならず、労働者、取引先、そして消費者などのステークホルダーに大きな影響を与え、その行動を誤れば社会や環境に深刻な被害を与えます。それでは、「倫理」と「ビジネス」は対立する概念であろうか?様々なCASEの分析と議論を通じて、倫理を組織に浸透させるための実践的な課題を考察します。

申し込み締切日:

お申込後のご注意点

開講4週間前を過ぎた場合のキャンセルによる返金はいたしかねます。また、欠席された場合の補講や別の科目への振替対応はいたしておりませんので予めご了承ください。

満足度4.76

レビュー 10件
  • トピック

    経営企画

  • 職種

    経営企画

  • ポジション

    幹部候補

  • 受講料

    80,000円

  • 言語

    Japanese

  • 開講形式

    オンライン

開催日時
09:20〜16:40
09:20〜16:40
会場
オンライン
申し込み締切日

対象者
社会人 / 修了生

講義計画

Day1 経営者の倫理観と企業倫理

  1. 企業不正はどのように生じるのだろうか?成果主義を導入した結果生じた不正事件を、担当者とその上司との関係を中心に検討します。
  2. 正義を追求してマスコミに内部告発を行った西宮冷蔵はその後顧客離れが続き経営難に陥った。社会的正義の追求がなぜこのような結果を引き起こしたのか、その原因を検討します。
  3. 深刻なセクシャル・ハラスメントの事例を耳にしたが、被害者から報告しないよう懇願されていると考えている管理職の法的および倫理的責任について検討します。

Day2 社会における倫理感と経営

  1. サブコンパクトカー、ピントをめぐる製品の安全性に関する論争での、フォード・モーター・カンパニーの対応を説明する。製品の安全性管理の講義の一部として使用できるだろう。破滅的な製品安全性に関する論争に巻き込まれた企業が採用したCSR戦略を比較・対照する機会を提供します。
  2. 2011年10月14日に発表されたオリンパスの社長のマイケル・ウッドフォードの解任は、その後、これまでに類例のない長期間にわたる大規模な会計不祥事が、世に明らかにされる契機となりました。この事件以降、日本企業全般に対するコーポレートガバナンス不信が増幅しているとの指摘もあります。今後、不祥事を防ぐために求められる要件は何かを考えます。
  3. 丸井グループは、1931年に家具の月賦商(販売と分割払を提供するビジネス)として創業しました。創業以来、小売・金融一体のビジネスモデルを展開しています。丸井グループは2018年にTCFD への賛同を表明し、リスク・機会の定量的な分析を含めた充実した情報開示を行っています。当社の具体的なESG情報開示の取り組みを紹介します。

使用ケース一覧

Day1

  • 「経営理念と現場の意識の乖離―三井物産株式会社子会社のDPFデータ改竄事件―」(教員作成オリジナル教材1)
  • 「正義に満ちた決断の先にある者―西宮冷蔵による不正告発がもたらした経営危機―」(教員作成オリジナル教材2)
  • 「ローンスター」

Day2

  • 「製品の安全管理:フォード・ピント」
  • 「丸井グループ―ESG情報の開示― 2022」

教科書および参考文献

教科書

  • 配布資料

参考文献

  • 『企業不祥事とビジネス倫理―ESG、SDGsの基礎としてのビジネス倫理』(文眞堂 2021/12/10)
  • 『企業倫理:信頼に投資する』アンドレアス ズーハネク (著), Andreas Suchanek (原著), 柴田 明 (翻訳), 岡本 丈彦 (翻訳)(同文館出版、2017)
  • 『企業倫理リスクのマネジメント』上田和勇 (著) (同文舘出版、2014)
  • 『ハーバードのケースで学ぶ企業倫理―組織の誠実さを求めて』 リン・シャープ ペイン (著), Lynn Sharp Paine (原著), 梅津 光弘 (翻訳), 柴柳 英二 (翻訳)(慶應義塾大学出版会、1999)

受講審査に必要な書類

  • 卒業大学(大学院)の卒業証明書或いは学位記の写し
  • 顔写真

関連科目

Related

この単科のレビュー

Review

  • 答えのないビジネス倫理という課題に対してディスカッションベースで深く思考できた。参加者の事例や経験を共有する事で実務場面を想定した学びになった。

    営業 30代 女性

  • 阿部先生が人格者で思慮に富むため、深く考える機会をもらえるとても面白い授業でした。具体的には今まで考えたことのないビジネス倫理についての考え方を獲得できる。経営者の人格形成に役立つ。経営理念やビジョンについて改めて考える機会になる。経済性と倫理性のバランスについて考える機会になる。

    管理職 50代 男性

  • 倫理というふわっとしがちなテーマですが、ケーススタディ形式であったため具体性をもって考えることが出来、とても勉強になりました。役員だけでなく社員全員がこのような授業を受けるべきだと思います。

    管理職 40代 女性

  • 先生の熱意が非常に感じられ、ケーススタディ一つ一つを丁寧に扱ってくださいました。また、課題についても先生から丁寧に一言メッセージをいただき学習の参考になりました。大変有意義な授業をありがとうございました。

    専門職 30代 男性

  • 先生が該当分野の専門家であるため、我々の質問、疑問に対してすぐに納得できる、適切なアドバイスをして頂けた点が一番優れた点です。また、全体を通して、理解を深めれるように授業をリードしていただけた点もよかったです。ケーススタディの選定もとても考えさせられた内容であり、実務に応用できる一方、より深く学習していきたいという関心させられたのもとてもよかったです。ありがとうございました。

    営業 30代 男性

  • 倫理というビジネスとの両立やビジネス場面での実施が問題に対して、正解も不正解も与えないまま考えさせるという色の強いプログラムだったように思います。事業の特殊性を超えて、自社での実態と対比しながら考える事の出来る良い講義だったと思います。ケースクエスチョンに加えて、発表課題とそれに基づく議論を行えたことも、実際の問題や取り組みが見えて有意義でした。

    会社員 30代 女性

  • これまであまり考えたことのない分野でしたが、多くの議論を通して、理解を深めることができました。今後の実務に役立てるようにしていきたいと思います。2日間ありがとうございました。

    会社員 40代 男性

  • ビジネス倫理について倫理の欠如によって起こりえるリスクや、中間管理職や経営者が不正を起こした場合の企業の責任と課題、対策について学ぶことができた。また受講生の課題の発表により他者の目線や、自身がどのように行動しなければならないか参考になった。

    会社員 50代 男性