MBA留学

International Programs

留学レポート

Student Reports

  1. TOP
  2. MBA留学
  3. 留学レポート
  4. Burgundy School of Business 留学レポート2021 Karen Leeさん

Burgundy School of Business 留学レポート2021 Karen Leeさん

#留学 #リーダーシップ france

Burgundy School of Businessの交換留学に参加されたKaren Leeさんの留学レポートをご紹介いたします。


Burgundy School of Business

留学準備

NUCBビジネススクールでは、正規生だけでなく交換留学生やコロナ禍以降のオンライン参加の短期の在学生に対しても、留学のための様々な方法が用意されています。私は応募の約6ヶ月前から、自分に合った他のプログラムを探して学生掲示板の交換留学ページをチェックしました。学生掲示板にはたくさんの国際交流のプログラムがあり、ほとんど毎週更新されていました。   Burgundy School of Business は、入試倍率の高い一流の学術機関が集うThe conférence des Grandes Écolesの一員です。追加の授業料を払ったり試験を受けることもなくグランゼコールのプログラムに参加できるというのは素晴らしい機会でした。私が申請するとすぐに、NUCBビジネススクール事務局は応募用紙だけでなくプログラムの詳細な情報を共有してくれました。もし皆さんが国際交流プログラムへの応募を検討しているのなら、締め切りをチェックし、早めに準備することをお勧めします。

Burgundy School of Businessのカリキュラム

Burgundy School of Businessでは、海外の学生がフランス語の授業と併せて、テーマによってこの主要なプログラム;経営学、マーケティング、財政学分野から選択できるようにしています。私は以下のリストにあげた6科目とフランス語の授業を取りました。


Burgundy School of Business schoolにおける2020-2021年春学期のカリキュラム


  • Contemporary Managerial Philosophies
  • Entrepreneurial & Intrapreneurial Mindsets
  • International Business Intelligence
  • International Consulting Project
  • Managerial & Entrepreneurial Ethics
  • Seminar
  • French

私はかねてより経営における考え方、倫理、哲学、起業家精神についてもっと学びたいと考えていました。それらは学ぶ機会が少なく、働いているときには忘れがちなことだからです。そのため、倫理だけでなく他の全ての考え方に関連する科目を学ぶことができるのはとても良い機会でした。Burgundy School of Businessでの学習方法においては、まず講師のレクチャー、次にグループディスカッション、そして最後にテーマに沿ったグループプロジェクトを行います。グループディスカッションとグループプロジェクトは留学生とフランスの学生の関係を育み、異文化を理解し合うことに効果的でした。ほとんどの授業でプレゼンテーションを伴うグループディスカッションがあり、さらにコロナ禍という状況を鑑み学期の半ばまではオンラインで個人向けの課題が出されました。


国際コンサルティング事業のグループワークは、地方の旅行代理店Vaovertについて実際の企業のケーススタディを用いてグループで解決策を提案することによって、良いコンサルティングとは何かを理解する良い機会となりました。このコースを受講することで、私たちのグループはビジネスコンサルタントとなり、解決策への利益と注目を掻き立てられることとなりました。近年、企業は様々な業務に関してコンサルティングをますます活用する傾向にあります。コンサルティングは、顧客から要請された問題に対して適切な解決策を提供するた目に、戦略的思考の方法論、ノウハウ、様々なテクニックやツールを駆使するサービスです。それぞれのグループは1週間以内に解決策を見つけ出し、プロのコンサルタントとならなけらばいけませんでした。優れたコンサルタントになるには、データの分析中に鋭敏な観察を行うだけでなく、さまざまなカテゴリで収集したデータに基づいて問題を再定式化する方法も必要だということを学びました。


Contemporary Managerial Philosophiesの各クラスでは、哲学クラスの初日に学んだ国連の17の持続可能な開発目標に基づいて、ビジネスのやり方を変え、経営哲学と戦略を推進する方法を学ぶことができました。なぜなら、経営理念は企業倫理と相互作用し、企業の持続可能な長期計画を推進し、この考え方を社会に結びつける方法を示しているからです。国連は、持続可能な開発の17の目標には、社会的責任投資、社会的責任経営によってこれらの目標を促進するための17の分野として、経済的実現性、社会的公正、環境保護に関する青写真が含まれていると宣言しています。他のクラスの方法論は、グループワーク、グループプレゼンテーション、個人課題とほぼ同じでした。
Burgundy School of Businessは、COVID-19の状況が変わるたびにフランス政府の発表をチェックし、学生に安全を知らせていました。COVID-19の大流行の後、多くのビジネススクールがオンラインプログラムを提供し始めたため、気軽にオンラインで参加できる交換留学プログラムもあります。結論として、NUCBビジネススクールはすべての学生に貴重な機会を提供しており、在学生であれば誰でもこの機会を得ることができます。このような機会に恵まれたことに心から感謝しています。