入学案内

Admissions

公開セミナー

Open Seminar

  1. TOP
  2. 入学案内
  3. 公開セミナー
  4. H25年度 ビジネス公開講座
  5. 春期 第3回『オバマ政権と最新アメリカ情勢』名古屋

春期 第3回『オバマ政権と最新アメリカ情勢』名古屋

終了

「海外主要国の動向と日本」をテーマに全4回開催する春期ビジネス公開講座。今回は「最新のアメリカ事情」を取り上げます。今後の情勢を皆さまと一緒に考えてみたいと思います。

開催日時
18:30〜20:15
会場
名古屋伏見キャンパス
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1-20-1
https://mba.nucba.ac.jp/access/#nagoya

Faculty

株式会社双日総合研究所取締役副所長 吉崎 達彦氏

{title}

講演概要

オバマ大統領は昨年秋に再選され、2期目を迎えたものの、議会では民主党と共和党との対立が深刻化しており、財政問題などで思うに任せない政局運営を余儀なくされています。米国経済はやや好転し、シェールガス革命という追い風もありますが、失業率は長期にわたって高止まりしています。保守とリベラルの断層、「格差社会」などの現実を通して、長い間、日本の「お手本」であったアメリカの最新情勢と今後を考えていただきます。

講師

株式会社双日総合研究所取締役副所長
吉崎 達彦(よしざき たつひこ)氏

略歴

1960年生まれ。1984年、一橋大学卒業、日商岩井㈱入社。広報誌『トレードピア』編集長、米ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て企業エコノミストに。日商岩井とニチメンの合併を機に2004年から現職。著書に『アメリカの論理』、『1985年』、『オバマは世界を救えるか』(新潮社)、『溜池通信 いかにもこれが経済』など。産経新聞「正論」、北日本新聞「時論」の執筆メンバー。テレビ朝日『サンデープロジェクト』やテレビ東京『モーニングサテライト』、文化放送『くにまるジャパン』などでコメンテーターを務める。