入学案内

Admissions

公開セミナー

Open Seminar

  1. TOP
  2. 入学案内
  3. 公開セミナー
  4. H28年度 ビジネス公開講座
  5. 第110回ビジネス公開講座『トランプ政権と国際情勢』名古屋(聴講:東京)

第110回ビジネス公開講座『トランプ政権と国際情勢』名古屋(聴講:東京)

終了

日本を代表するプロフェッショナルをゲストスピーカーに迎える名古屋商科大学ビジネススクールの「ビジネス公開講座」。
今年度の公開講座は、いくつかの注目業界の現状および展望について、当該業界を客観的に観察されてきたプロフェッショナルにお話しをうかがいます。
第110回は、笹川平和財団特任研究員 渡部 恒雄(わたべ つねお)氏を招き、「トランプ政権と国際情勢」と題して講演いただきます。

開催日時
 18:00〜
会場
名古屋キャンパス
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1-3-1
https://mba.nucba.ac.jp/access/nagoya.html

Faculty

笹川平和財団特任研究員 渡部恒雄氏

{title}

講師

笹川平和財団特任研究員
渡部恒雄氏

略歴

東北大学歯学部卒。1995年ニュースクール大学(NY)で政治学修士課程修了。同年、ワシントンのCSIS(戦略国際問題研究所)に入所。03年に上級研究員。05年帰国。三井物産戦略研究所主任研究員、東京財団政策研究ディレクター兼上席研究員を経て、16年10月より現職。著書に「『今のアメリカ』がわかる本・最新版」(三笠書房、2012)等。

<講演概要>

今年の世界の波乱要因の一つは、予測不可能な米国のトランプ政権の行方です。シリア内戦の混沌、過激派組織イスラム国との戦い、北朝鮮の挑発の継続、中国の南シナ海での拡張姿勢、Brexit(イギリスのEU離脱)と欧州でのポピュリスト勢力の台頭などと相まって、世界の波乱を予想させる要素となっています。就任後、2か月後を得たトランプ政権の方向性を分析し、国際関係、とりわけアジア太平洋地域と日米関係への影響を展望します。