教育課程

Academic Programs

税理士とは

About Tax

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. MSc in Accounting & Taxation
  4. 税理士とは
  5. 税理士養成プログラムとは

税理士養成プログラムとは

#税理士 #税理士試験

税理士試験の受験予備校での勉強と異なり、名古屋商科大学大学院の税理士養成プログラム -Tax Accountant Program-は、『法律家としての税理士の養成』、『TAXプランニング能力のある税理士』、『経営者から選ばれる経営コンサル能力のある税理士』の養成を目標に掲げています。

なぜアジアNO.1なのか?


1年次では、税理士試験受験予備校では全く触れない、徹底した租税判例研究(ケースによるディスカッション)と納税者の権利と義務を定めた手続法である国税通則法、租税法律主義を中心とした租税法基本原理を学び、リーガルマインド溢れる法律家としての税理士の養成を行います。2年次からは、先行研究業績をリサーチしたうえでの租税法条文をベースにした租税法に関する修士論文の執筆に重点をおきますが、国際税務、組織再編税制、TAXプランニング、事業承継設計、リスクマネジメント、不動産運用設計、金融資産運用設計、などの応用科目、さらにはMBAプログラムの経営学に関する科目を受講することも可能です。
これは、経営者から支持を受ける税理士の養成です。
税理士資格を取得しても、「足の裏のご飯粒」なのです。取っても食えないからです。難易度を増す税制に立ち向かうことのできる知力を鍛錬し、先輩税理士との差別化を図らなければ、資格を取得しても何ともなりません。経営のアドバイスができない税理士はお払い箱です。経営者の心の琴線に響く、感情移入をした提案力が問われています。

名古屋商科大学大学院税理士養成プログラムでは、税理士試験の受験にも同時にチャレンジしながら学ぶ院生、また、会計ファイナンスコース、税法学コースのダブルマスターをする院生(会計学1科目、税法学1科目受験は必要)もいます。大変厳しい事前の予習学修とディスカション中心のアクティブ・ラーニングが求められますが、これにより学友との切磋琢磨が可能となり、生涯の友人も形成されます。戦友としてまたライバルとして共に学び合うこのシステムこそが、海外の大学院評価機関から、アジアNO.1の評価を受けている所以であると思います。