教育課程

Academic Programs

MSc in Accountancy & Taxation

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. MSc in Accountancy & Taxation
  4. 授業レポート
  5. 《税理士養成課程》Managerial Accounting 野坂和夫教授

《税理士養成課程》Managerial Accounting 野坂和夫教授

#ビジネススクール #税理士 #税理士試験免除 #会計 #税法

東京校で開講されている野坂和夫教授による「Managerial Accounting」の授業をご紹介します。
税理士や会計専門職を目指す方のためのTax Accountant Programの授業です。


ディズニー vs ピクサー


今や全世界で愛されているディズニー作品。現在、世界中の劇場で公開されている主要なディズニー映画は、ディズニーの2つのアニメ製作部門で手掛けられています。
1つは約95年という長い歴史を持つウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。もう1つがピクサー・アニメーション・スタジオです。
元々、ピクサーは制作会社CG部門の一つにすぎませんでした。
しかし、スティーブ・ジョブズが買収し、ディズニーが資金を提供したことにより、1995年に公開した「トイ・ストーリー」は爆発的なヒットとなったのです。
これを機に、ディズニーとピクサーの関係は密なものになり、「ファインディング・ニモ」や「モンスターズ・インク」など様々なディズニー映画が世に送り出されてきました。しかし、最も重要なCGの技術はピクサーが提供しており、両者の契約はピクサーにとって不利なものでした。
そのうち資金を提供しているディズニーより、確かな技術を持っているピクサーの方が規模を拡大し、ジョブズによるピクサー有利の契約変更交渉の末、ピクサーはディズニーとの提携を打ち切りました。


ディズニーが行ったリスク管理


税理士養成課程 授業風景「Managerial Accounting」

ここで重要なのは、提携を打ち切りにするまでの期間です。
1995年に「トイ・ストーリー」が大ヒットしたことにより、ジョブズはすぐにでも不利な契約を解消したかったはずです。
しかし実際は2004年、ある程度時間がたってからの打ち切りとなりました。
その間、一体何をしていたのでしょう。
皆様は「ティガー・ムービー」という映画をご存知でしょうか。こちらはその期間に低予算で制作された映画です。他のディズニー映画と比べて認知度は低いかもしれません。

ディズニーはピクサーを引き留めていた期間、低予算の映画を制作し、ピクサーの技術を少しずつ盗んでいたのです。
これがディズニーが行った『リスク管理』だと野坂先生はお話になりました。
その取り組みは功を奏し、「モアナと伝説の海」や「ラプンツェル」などのディズニー制作の作品を多く世に送り出しました。また、「アナと雪の女王」はディズニー史上最高のメガヒットとなったのです。

とはいっても、ディズニーとピクサーの規模は明白な物で、ディズニーの技術を明確な物にするために提携解消後2年でピクサーを買収しました。
こちらのM&Aはとても特殊な形です。
資金を提供するディズニーと、技術を提供するピクサー。
両社の微妙なパワーバランスの中結ばれ、アニメーション業界の対極にあった2つの企業が1つになりました。

上記のようなM&Aを含め、M&Aにはどのような手法があるのか、どのように戦略的M&Aを実行すべきかをリスク管理の大切さと共に、野坂先生のファシリテートの元、議論を深めました。