キャンパス

ケースメソッド

Case Method

ケースライブラリ

Case Library

  1. TOP
  2. ケースメソッド
  3. ケースライブラリ
  4. ケース一覧
  5. BANKANわものや 2019

BANKANわものや 2019

#差別化戦略 #Customer Relationship Management #リーダーシップ差別化戦略 #Customer #Relationship #Management #リーダーシップ


アブストラクト

BANKANわものやがなぜ衰退産業の中で急成長できたのか。そして成長期後の停滞は何を意味しているのかという成長の要因と今後の意思決定課題を検討する。成長できた要因は創業期と成長期で大きく違う。創業期はひたすら売上を求め、利益を追求することが唯一の戦略であった。成長期の成功要因は業界の商習慣にとらわれない差別化戦略である。差別化を実行するためにリアルフリー戦略による新規顧客の開拓とCRMが顧客育成ストーリーで機能した。しかし急成長の後の停滞期には若手リーダーの登用だけでなく、財務マネジメント力とモチベーションリーダーシップのバランスが成長の鍵になっていることを提示している。

詳細情報

ケースID 19-1047
登録 2019
業界 呉服・服地・寝具小売業
分析領域 企業倫理
ページ数 27
言語 Japanese
ティーチングノート あり