MBAについて

About MBA

プレスリリース

Press Release

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. プレスリリース
  4. デジタル学修歴証明「オープンバッジ」を国内MBA初導入

デジタル学修歴証明「オープンバッジ」を国内MBA初導入

#オープンバッジ

名古屋商科大学ビジネススクール(学校法人栗本学園)は、2022年7月よりデジタル証明書の国際標準である「オープンバッジ」を学修者に対して授与することをお知らせします。オープンバッジを活用することで、学修者はマーケットに対して「何を学び、何ができるのか」を可視化・証明し、取得した学位や修了証を高い信頼度のもと掲示することができます。この取組は国内ビジネススクールを運営している教育機関において、初めての試みとなります。

オープンバッジについて


オープンバッジ

オープンバッジは国際技術標準規格にそって発行されるデジタル証明/認証​​で、「IMS Global Learning Consortium」によって認定されるオープンバッジ3機能(発行/表示/保管)すべてのサービスを、一般財団法人オープンバッジ・ネットワークが提供しています。

実質的に偽造・改ざんが不可能なブロックチェーン技術を取り入れており、信頼性の高い証明書として履歴書や各種SNS、メール等で保有者の知識やスキルを簡単にかつ瞬時に示すことができます。個人の学修歴・職業的能力等を視覚的な象徴・画像で表現し、ウェブ上で共有できるこの仕組みは、SNSが浸透した今日の消費者行動によく適合し、情報技術産業のビジネス・モデルとしても優れたテクノロジーです。海外はもちろん、最近は国内でも導入する団体等が増えています。

本学では、「学修歴証明デジタル化」として、学位に関わる在学・卒業見込・卒業・修了・成績証明などのマクロ・クレデンシャルに加え、短期間の学修コースの修了などによるマイクロ・クレデンシャルを含めます。

「学歴」×「学修歴」が求められる時代背景

社会経済が急速に高度化・複雑化する中、労働生産性向上や人生100年時代の豊かな生き方を実現するため、生涯を通したキャリアチェンジやキャリアアップが行われることが見込まれています。このような社会変化に対応するため、特定の領域で専門性を持ちつつも、専門領域に囚われない幅広い知見を持ち、視野が広く客観的かつ業界の慣習や常識にとらわれない発想ができる人材を社会は求めています。日本でもメンバーシップ型雇用からジョブ型雇用への移行に関する議論は増えてきていますが、欧米の企業では既に、リスキリングやスキルベース採用といったスキル習得を重視する雇用環境を反映し、研修や採用にオープンバッジを組み入れています。

学修歴証明のデジタル化は、学位証明に加えて、科目単位の小さな学びや知識・スキル・志向性を可視化し評価できることで、学びを仕事につなげる潤滑油としての役割を果たします。

この取組は、企業研修等の職業教育・生涯学習の修了証、資格証、大学の卒業・成績証明を包摂的に理解し認定できる手段として、SDGs目標4(すべての人々への、包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する)に貢献するとされており、企業、教育機関、政府、社会が共同して取り組むべき社会課題とされています。

「学修者目線」の教育と大学院運営

今後更なるグローバル化が見込まれる中、留学生の受け入れや学修者による海外での活躍を促進する観点から、本学は国際的な通用性があることを前提とした学位や修了証に対する質保証に努めることを重要視しています。

よって、三大国際認証(AACSB、AMBA、EQUIS)を全て取得している本学が、オープンバッジを導入することで、学修者が実際にどのような知識(Knowing)や能力(Doing)を修得し、価値観・倫理観(Being)を踏まえた意思決定の重要性を理解しているかなどの学修成果・教育成果に関する情報を社会に対して公表できます。その結果、本学の学修者が世界から正当な評価を受け人材の高度化に貢献できるとともに、我々は社会に対して説明責任を果たしていく大学運営にさらに取り組んでまいります。


名古屋商科大学ビジネススクールについて

1990年に設立され、土日のみでMBAを取得可能な教育課程(日本語・英語)をはじめ、税理士養成課程など、社会人を対象とした実践的なケースメソッドによる経営教育を展開。AACSB、AMBA、EQUISといった三大国際認証を全て取得している国内唯一のトリプルクラウン校として、世界標準の経営教育を東京、大阪、名古屋の三拠点で実施。また、MBAに関する世界三大ランキングとして知られるQSとFTより国内第1位と評価されています。