教育課程

Academic Programs

MBA

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. MBA
  4. 授業レポート
  5. オンライン授業《MBA》「Managerial Accounting & Control」野坂和夫准教授

オンライン授業《MBA》「Managerial Accounting & Control」野坂和夫准教授

#ビジネススクール #MBA #管理会計 #野坂和夫 #オンライン授業

オンライン授業での野坂和夫准教授によるMBA「Managerial Accounting & Control」


「Managerial Accounting & Control」野坂和夫准教授

野坂和夫准教授によるMBA「Managerial Accounting & Control」をご紹介します。この授業では、経営者の視点から、意思決定会計や業績管理会計を習得していきます。特に事業や人材をコントロールするという、企業経営のための戦略的管理会計の実践力を養成します。また、企業の社会的責任や企業倫理がどうして企業経営に求められるのか、管理会計的な視点から考察します。


管理会計の意義と概念


MBA「Managerial Accounting & Control」授業風景

授業初日は、自動車部品加工工場のブリジトン・インダストリーズのケースを使用し、経営者の視点から、管理会計の意義と概念を学び、経営のための会計として、原価計算と原価管理について理解を深めていきます。ブリジトン・インダストリーズは売上が減少したことにより、より競争力を上げるため、製品に対して生産性と同時に他の要因を基に製品は3つのグループに分類し、そして製品の一つをアウトソーシングしはじめました。この決定は、アウトソーシングされた製品に関連するコストの一部はなくなるわけではなかったので、残った製品のコストを増大させる結果となりました。こうした残余コストは、他の製品の品質を落とす原因となりました。このケースから、受講生たちは、売り上げが減少してしまった商品をどうするか。短期的な視点だけではなく、定期的な視点や長期的な視点からも経営者としての意思決定がどうあるべきか議論していきました。

野坂和夫准教授のプロフィール

早稲田大学商学部卒業。朝日監査法人(アーサー・アンダーセン)、あずさ監査法人(KPMG)在職中は、金融商品取引法監査・会社法監査・学校法人監査等の法定監査、SEC監査・IFRS監査、デューデリジェンスなどに従事。監査法人在職中に、早稲田大学大学院商学研究科にて修士(商学)を取得し、博士後期課程単位取得満期退学。その後、早稲田大学大学院会計研究科にて助教に就任。監査法人退職後に独立開業し、現職は、野坂公認会計士・税理士事務所代表。主として中小企業や個人事業主に対するほぼ全分野の税務業務に携わり、また、社会福祉法人監査、労働組合監査、NPO法人監査や地方公共団体の包括外部監査などに従事。公認会計士、米国公認会計士(ニューヨーク州)、税理士。博士(商学)早稲田大学。主な著書・論文は、『退職給付会計の会計方針選択行動』(国元書房;日本公認会計士協会学術賞-会員特別賞)、「退職給付会計における割引率の会計方針選択行動-裁量的選択行動、横並び選択行動および水準適正化選択行動-」(管理会計学;日本管理会計学会奨励賞)。