MBAについて

About MBA

MBAとは

About MBA

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. MBA《経営学修士》とは?
  4. リスキリングで注目されるMBA

リスキリングで注目されるMBA

リカレント教育に続きリスキリングなる言葉が登場していますが、社会人が環境変化にあわせて何か新しい能力を獲得する必要があるという点において共通しています。それほど私たちを取り囲む外部環境が変化しやすいのです。こうした社会的なニーズの受け皿として熱い視線を浴びているMBA教育は「高度な経営に関する知識が技能を獲得する場」と捉えられがちですが、実は少し異なりますので解説します。

  1. Knowing
  2. Doing
  3. Being

これらは単純な英単語ですが、MBA教育の目指す場所は「Being」となります。まず「Knowing」としての知識獲得であれば、読書などMBA以外にお手軽に実現する方法は存在しますが、多くは一方方向の座学で十分な内容となります。「Doing」については、何かを実現するためのスキルや資格といえるでしょうが、外部環境が変化しやすい昨今ではその能力だけでは十分とは言えません。なので「リスキリング」が求められているのですね。そこで重要なのが「Being」です、ケースを通じた討論型授業で、ケースに登場する主人公に自分を投影しながらクラスメイトと議論し、一体この状況は自分にとってどんな意味を持つのだろうか?という探求型学修を通じた内省を目指すのです。



よく読まれている記事