教育課程

Academic Programs

税理士とは

About Tax

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. MSc in Accountancy & Taxation
  4. 税理士とは
  5. 税理士の一日

税理士の一日

#税理士 #大学院 #名古屋商科大学ビジネススクール

午前

06:00 
起床後すぐに日経新聞ほか数紙(紙版及びWeb版)の経済産業欄に目を通し、その日のネタを仕込みます。

07:30 
自宅を一歩出た時点から、プロフェッショナルというユニフォームを身に付け、気合いを入れます。
事務所オフィスへ向かう道中において、今日一日のスケジュールを確認しつつ、処理しなければならない案件、面会しなければならない人、訪問すべき顧問先からの依頼事項等について不備不足のないよう整理し、頭に叩き込みます。

08:10 
事務所オフィスへの出勤一番乗りとなるよう努めます。(但し、事務所スタッフからは相当煙たがられます。)顧問先からの相談、依頼及び質問事項や事務所各スタッフからの連絡及び報告事項を確認するメールチェックは欠かせません。

08:40 
事務所スタッフが出勤。笑顔で出迎え、元気に挨拶。(朝の挨拶は一日のうちで最も重要です。)

09:00 
朝礼後、事務所会議室において監査担当スタッフミーティング。
顧問先訪問監査時における具体的な対応内容、各種依頼事項及び特殊案件に関する報告を受け、
各担当の進捗状況等について情報共有します。

09:30 
顧問先等からの電話対応、事務所に来所される各関係者との面会、税務帳憑等各関係書類の整理、分析及び作成、月次決算申告に係る決裁業務に追われます。

12:00 
顧問先法人関係者と昼食を兼ねた税務相談。

午後

13:30 
巡回監査担当者とともに次の顧問先法人を訪問。
法人代表者及び財務担当責任者と面接し、業況報告及び景況動向等に関し詳細に聴取します。
関係帳憑書類をもとに、明確な財務会計情報が保持され、かつ適正な税務処理が担保されているか、
あらゆる角度から精査するとともに、各懸案事項に対して的確かつ有効な財務及び税務情報を積極的に提供します。

17:00  
事務所オフィスに戻り、巡回監査担当者と顧問先法人にかかる各種情報を整理共有し、新たな依頼案件及び懸案事項に関して適正な税務処理が提案できるよう関係法令通達並びに関連裁決判例についてリサーチしておきます。

19:00 
異士業研究会に出席。
本日のテーマ「租税訴訟における要件事実」について、ファシリテーターを中心にパネルディスカッション形式の勉強会である。
税理士のみならず、弁護士、公認会計士及び司法書士等の異士業の有志が各自のネットワークを活用し、自主的定期的に参集して予め決定されたテーマをもとに積極的に意見交換を実施する。
    
21:00
異士業交流会
異士業間の親睦及び連携を図るとともに、各専門分野における情報交換及び課題共有を目的として研究会終了後に開催される交流会である。

23:00 
帰宅。 

今日も一日お疲れさまでした。

いかがでしたか?
税理士だからといって何も特別な一日を過ごしている訳ではありません。

ひとつ約束してください。
「忙しい」、「疲れた」、 「無理だ」 なんて言葉は頭の中から消し去ってください。
そんな後ろ向きの気持ちから生まれるものは何もありません。

「忙しい、忙しい」とボヤくのではなく、「なんと充実した一日であったことか」と感謝の気持ちで毎日を送りたいものです。