MBAについて

About MBA

お知らせ

News

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. ニュース
  4. 《名古屋》長沢雄次教授による体験授業が開催されました

《名古屋》長沢雄次教授による体験授業が開催されました

#キャリア採用説明会 #MBA #体験授業 #MBA実況中継

名古屋商科大学ビジネススクールでは、東京・名古屋・大阪にて、ExecutiveMBA、MBA、中小企業診断士養成課程、税理士養成課程を開講しています。授業は土日のみ、すべてケースメソッドで行われます。ビジネスの第一線で活躍してきた実務家教員からビジネスに直結した実践的な学びが得られる、週末を無駄にしないビジネスパーソンのための大学院です。

ベンチャー企業に学ぶ「経営」の在り方


今回テーマとなったケースの内容としては、ベンチャー企業に入社した若きMBA生の経験から、株式公開目前となった企業の内部の問題をいかに考え、いかに解決していく方法があるのかを問うというものでした。この企業の問題点を多面的に挙げ、どのような改善方法があるか、自分であればどの様にこの企業の中で立ち振る舞うか、初参加とは思えないほど参加者の皆様のディスカッションが白熱したあとに、長沢雄次教授より「では、なぜMBAが価値があるのか、ケースメソッドで学ぶことにどんな理由があるのか」ということが語られました。『MBAはなぜ価値があるのか。社長を養成するのがMBAの教育であり、自分であれば…という提案ができる、という能力がつくのがケースメソッドでの学びである』。多くのケースを読み重ね、自らが考え抜きディスカッションを何度も交えることで、追体験を繰り返して経験を積み、ビジネスシーンでの同様な場面に直面したときの「引き出し」を作って備えておくーーー長沢雄次教授より発せられた言葉に、今回、本学の入学をご検討されご参加された皆様も、MBAを学ぶという意味を再認識し、MBAを学ぶことへの決意を新たにされたようでした。

体験授業付きMBAプログラム説明会【名古屋校】

定期的にケースメソッド模擬授業をご体験いただける説明会を実施しています。ご入学前に、本学のケースメソッド授業をご体験いただくことをお勧めしております。
*過去に説明会にご参加いただいた方も大歓迎です。ぜひ何度でもご参加ください。

MBAプログラム体験授業付き説明会
11月14日(土)10:30〜13:00
本学人気教授によるケースメソッド授業「ケースで考えるリーダーの役割」