教育課程

Academic Programs

Executive MBA

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. Executive MBA
  4. 授業レポート
  5. 具体的なケースから学ぶ「戦略的サービス経営」

具体的なケースから学ぶ「戦略的サービス経営」

#説明会 #オープンキャンパス

雪が道路に残る寒い日に、名古屋伏見キャンパスで行われたホットな講義を紹介します。
General Manager Program鴨志田晃教授が担当する「Strategic Service Management(戦略的サービス経営)」です。




「戦略的サービス経営」とは、サービス業、製造業を問わず、企業経営に必要な顧客価値の継続的な創出への取り組みのことです。
講義では、顧客価値の重視が問われる企業経営に必要なサービス経営の体系と理論を学びます。
様々な業種の企業におけるサービスマーケティングと、これを踏まえたサービスイノベーションについて、具体的なケース討議を通じ理解を深めていきます。
3日目の講義では、『KIBS(知識集約型サービス)/プロフェッショナルサービス』をテーマとし、「株式会社キーエンス」のビジネスケースを扱っていました。


KIBSとは・・・
サービス産業のうち、ソフトウェア業やデザイン業といった知識集約型ビジネス支援サービス業のこと。
例えば、ソフトウェア・建設設計・経営コンサルティングなど、自然科学や技術的な知識の利用頻度が高いサービス、また、デザイン・機械設計・広告など、従来型の対事業所専門サービスを指します。

鴨志田晃教授の著書『なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか?』を紹介します。

鴨志田晃教授が冒頭で述べている通り、ラーメン屋の経営を題材にMBAで学ぶべき実践経営学を総合的に俯瞰するための、“入門書の入門書”レベルの内容です。誰もが知っている著名企業の事例を用いて説明されており、初心者でもイメージしやすくスラスラ読めます。講義の教科書にも指定されており、MBA取得をお考えの方や入学前の事前知識に不安を感じている方にも参考にしていただけます。