教員 & 研究

Faculty & Research

ネットワーク活動レポート

Network Report

  1. TOP
  2. 教員&研究
  3. 研究活動紹介
  4. 戦略経営研究所
  5. ネットワーク活動レポート
  6. 技術経営ネットワーク
  7. 第4回技術経営ネットワーク(AI&DXの実践に向けて)開催

第4回技術経営ネットワーク(AI&DXの実践に向けて)開催

技術経営ネットワーク #ネットワーク #技術経営 #矢本成恒 #DX #AI #澤谷由里子

第4回技術経営ネットワークを東京にて4月11日(日)に開催しました。第1回目の開催当初からコロナ禍によりオンライン開催を行っていましたが、第4回では初の東京校とオンラインシステムを活用したハイブリッド開催を試みました。東京校からは約20名、オンラインシステムからは約40名の方が参加してくださいました。第4回のテーマは、「AI&DXの実践に向けて」と題して、3部構成で開催されました。Session1では、経済産業省が推進しているDX政策の視点から、AIやIoTがどのような環境変化をもたらしたのかをレビューし、消費行動が顕著に観察できるコンビニのDX事例が紹介され、Session2では、実際に業務プロセスの中でAIがどのように活用できるのかを、セールステックの分野に関して事例を交えて発表がなされました。いずれも、他では聞けないようなとても貴重な内容が盛りだくさんでした。さらに、Session3では、DX銘柄の選定委員でもある本学の澤谷由里子教授と本ネットワークの主幹である矢本成恒教授も加わり、パネルディスカッションを行いました。DXを切り口に「DXの本質とは何か」からはじまり、「DXを社内で推進する際の障壁」や「MBAホルダーとしてDXとどのように向き合うか」など、参加者からも多くの発言があり、新たな気づきや示唆が得られる貴重な場となった様子です。


技術経営ネットワークとは


技術経営ネットワークは、テクノロジーをどのように企業経営に活かしていくかを考えるネットワークです。様々な過去の事象をもとに、時代と共に変化する職業、AIに変わる職業を持続的に実現するため必要なイノベーションを起こすことを目的に設立されました。イノベーションを起こすためには「知の探索」が必要です。「知の探索」を実現するためには多様な人の繋がりが不可欠なため、様々なバックラウンドを持つ本学の受講生同士がこのネットワークで繋がって行ければと考えています。

矢本 成恒教授のプロフィール