MBAについて

About MBA

MBAとは

About MBA

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. MBA《経営学修士》とは?
  4. 誰がMBAを取得すべきなのか?

誰がMBAを取得すべきなのか?

誰が取ろうが、僕も取ります。

ネットニュースでこの見出しが現れて、てっきり私はMBAの記事かと思っていましたが、それは職業病のようでした。よく読むと金メダルの事だったのですね(汗)その後、羽生選手の素晴らしい演技に見とれてしまいました(祝)。さて、MBA取得の価値は各方面で語り尽くされている上に、本音と建前が入り乱れているので、今日は誰がMBAを取るべきなのかについて本音でフォーカスしたいと思います。では結論から申し上げると、誰がMBAを取るべきなのか、それは大きく3つに分類されます。

  • 経営幹部を狙っている方
  • 起業を考えている方
  • 事業承継を考えている方

これらの人達に共通するのは「失敗とどう向き合うか?」という問いであります。新しいことにチャレンジすれば必ず失敗します。失敗がない人は、ただ失敗する余地のないことを行なっているだけのこと。新しいことに挑戦すれば、例外なく、必ず、絶対に、失敗をする。挑戦が多ければ多いほど、失敗もまた多くなる。しかし失敗があれば、次には改善がなされる。結果として、人の3倍の挑戦をしていても、失敗を2倍に留めることができるようになるのです。

MBA教育とは何か?これを一言で表現するのは難しいですが、あえて言うとすれば「失敗から学べるリーダーを育成する場」であり、質の高い議論の場を実現するのがビジネススクールの役割だと考えています。


よく読まれている記事