MBAについて

About MBA

MBAとは何か

About MBA

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. MBA《経営学修士》とは
  4. なぜMBAは批判されるのか?《動物占い編》

なぜMBAは批判されるのか?《動物占い編》

#MBA #MBAとは #社会人MBA #経営学修士

ミンツバークはその著書「Managers not MBAs(2004)」においてマネジメントにはアート(直感)、サイエンス(科学)、クラフト(経験)の3つが必要で、MBA教育はサイエンスに偏りすぎだと批判しました。米国ではMBA入学に実務経験が必要とされないことが多く、学部卒業と同時にMBA進学することも可能です。そのため実務経験の部分がMBA取得時点で欠如する傾向にあるのも頷けます。

では本当にマネジメントにサイエンス以外の部分が必要なのか?この部分の謎は彼の別の著書「戦略サファリ」から読み解けます。ミンツバーグはこの著書において経営戦略の各学派の特徴を10のカテゴリーに分類して、動物に例えながらそれらの功績を批評していくのです。まさに経営学版の動物占いです。因みにこの分類では私は「クジャク」らしいです、皆さんの戦略スタイルはどの動物でしょうか?

経営戦略を構成する10の学派

経営学派動物代表的な経営学者戦略コンセプト
デザイン学派クモセルズニック経営者が戦略策定すべき
プランニング学派リスアンゾフ経営者より優秀な戦略プランナーが必要
ポジショニング学派水牛ポーター分析して棲み分ける事が戦略
アントレプレナー学派シュンペータ戦略はリーダーによる思考過程
コグニティブ学派フクロウサイモン&マーチ戦略とは個人の認知プロセス
ラーニング学派ハメル&プラハラド戦略より組織による学習が重要
パワー学派ライオンアストリー影響力を持つこと自体が戦略
カルチャー学派孔雀バーニー&クリステンセン組織文化こそが競争力の源泉
エンバイラメント学派駝鳥ハナン&フリーマン環境に適応出来る組織が生残る
コンフィギュレーション学派カメレオンチャンドラー&ミンツバーグ状況に応じて戦略を使い分ける

ミンツバーグが属する最後の「コンフィギュレーション学派」の考え方は、組織は置かれた環境(競争状態、技術革新、不確実性など)に応じて、それ以外の9学派の戦略スタイルを使い分けるべきというスタンス。まさにいいとこ取りの変化自在な「カメレオン」ですが、それってあり?という感じも否めません。こうして万能な経営戦略など「ない」と悟ったミンツバーグだからこそ、MBA教育で戦略を学ぶだけでは不十分で、それを使い分けるための「感覚的」かつ「実務的」な感覚を磨く必要性を「Managers not MBAs」として主張したかったのだと私は理解しています。


よく読まれている記事