MBAについて

About MBA

MBAとは

About MBA

  1. TOP
  2. MBAとは
  3. MBA《経営学修士》とは?
  4. BBAとは《BBAの意味と価値》

BBAとは《BBAの意味と価値》

「BBA」とは、Bachelor of Business Administrationの略となり、日本語では学士(経営管理)を意味します。BBAは欧米の高校生に人気の学位となり、MBAの「M」がMaster(修士)を意味するので、BBAとはMBAの学部版と理解されています。

この経営管理を学ぶ「BBA」は、「BSc」を提供する一般的な経営学部とは異なり「実践的」なマネジメント教育を行うビジネススクールの色彩が強くなります。具体的には、会社経営に関する実践的な思考力、判断力、表現力をケース討論や実地演習を通じて修得する「BBA」と、経営学に関する知識を網羅的かつ体系的にに学ぶ「BSc」との差になります。

名商大のBBAの構想は10年前からあり、まずMBAのクオリティを高めることに専念していていました。ちなみにBBAの先頭の「B」を「D」に変更するとDBAになります。これはDoctor of Business Administrationの略でして、経営学に関する最高学位となる博士号となります。DBAでもっとも有名なビジネススクールはハーバード・ビジネス・スクールでしょう。ただ、DBAとPh.D.とで一体何が異なるのか?という解説はまた今度。

さて、BBAは3年間の実証期間を経て、来年の4月から本格始動し、さらには、全て英語で授業が行われる「Global BBA」も2018年9月から開始します。BBAの受験資格に実務経験は必要ありませんが、MBAと同様にケースを利用した授業貢献度で成績評価が行われますので授業の準備が必要となります。私たちも魂を入れてBBAと英語BBA(Global BBA)を運営していきますのでお楽しみに。



よく読まれている記事